« 美しい動物 | トップページ | 床でも天井でも 枠を超えて »

2009.03.11

遠い記憶に

ところで、人には前世というものがある、らしい   だいたい5つか6つくらいの魂を経て、今に至るとのこと

で、わたしの前世のうち3つは、270年前にインド人の香辛料屋の主人(♂)→165年前にタイの踊り子(♀)→77年前にスペインの仕立て屋の奥さん(♀) だったらしい   信じるか信じないかという以前に、自分のことを言われているのかどうかすらわからないわけで   とりあえず、思い当たるふしを考えてみるが、 あるような?ないような?  そういえば、結構香辛料が好き、とか、踊るとか着るのとか大好き、とか? でもなんかばくっとし過ぎているような気も...   とりあえず、そうだと言われればそうなんだろう、多分

そしてそれを聞いて気づいた  わたしの祖父は、今79歳 ってことは、祖父が2歳のとき、わたしはスペイン人で、どこかの仕立て屋のワイフをとして生きてたってことだ  なんか、すごい   それで最近時々、祖父のことを2歳児を見る目で見たりしてみる   う~ん...可愛くはないが、面白い

|

« 美しい動物 | トップページ | 床でも天井でも 枠を超えて »

☆コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/28576013

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い記憶に:

« 美しい動物 | トップページ | 床でも天井でも 枠を超えて »