« 遠い記憶に | トップページ | 超自然な生き方 »

2009.03.12

床でも天井でも 枠を超えて

少し最近考えたこと

プロ、もしくはそのプロがした仕事に対して、感嘆の言葉をもらす というのは、変なことなのだろうか?

いわば”プロ”というものは、その道を極め、その仕事を通じて人を感動し続け、その対価として報酬を受ける人のこと   その、”プロ”、もしくは”プロのした仕事”に対して、子供みたいな 「すごいなー」 的な言葉を発するということは、失礼なことなのだろうか? どうなのだろう...いえば、”プロ”が、凡人では想像もつかない業によって最高の出来の仕事をするってことは、いわば あたり前 なわけで...それを重々わかっている上で、そのすばらしい仕事に対しての 「やっぱすごいっすね!」的な発言というのは、やっぱり適切ではないのだろうか?

そのプロの方の表現力で、流れる時間が深くなり、色づき、よく響き、味わい深くなる それは仕事を超えた、ひとつの作品となる     わたしは感嘆の言葉を思わずもらしてしまう

           258

|

« 遠い記憶に | トップページ | 超自然な生き方 »

☆コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/28576788

この記事へのトラックバック一覧です: 床でも天井でも 枠を超えて:

« 遠い記憶に | トップページ | 超自然な生き方 »