« ディープ高松 | トップページ | 女優の色 »

2009.08.04

金髪のボンクラ

今、フランス語を勉強しています

始まりは、何の意味もなく なんとなくフランス語を習ってみたくなったから という理由で通い始めたが、結局フランス行きが決まり、今は必要に迫られながら勉強している   フランス語と言えばパリでルーブルに行く途中どんくさくも道に迷い、道行く人に行き方を聞くが、ルーブルのRの発音が通じず、地図も持たずだったので1時間半も歩き回ったという苦い思い出があるぐらいで  今までまったくフランス語なんて関わりゼロだったわたしは、超初心者でのスタート  

フランス語独特のRの発音  最初のうち張り切ってのどを鳴らしていたら、夫に、ちょっとわざとらしいよと指摘を受け(彼は日常会話程度なら話せる くやしい) 、 フランス人の先生に聞いてみたら 「最初のうちはわざとらしくても仕方ないよ」 と言われた やり過ぎだったんだと気付く  それからはよりナチュラルなRの発音を目指して奮闘中

そしてこの間、年が近いフランス人のメンズと知り合いになった   彼は、日本人とフランス人のハーフの可愛いくてたのもしい奥さんと夫婦二人で日本に滞在している  そして、彼も日本語カタコト、わたしもフランス語カタコトなので、お互いに言葉を教え合いをする ”エシャンジェ” をすることになった

いやー改めて思う 日本語ってムズかしい  よくもまあこんなややこしい言葉をわたしたちは喋ってる 結局言葉って体で覚えるのが一番早いのかなって思ってしまう 金髪でまつ毛の長い男子ががんばって漢字とかを書いているのを見ると、よくやるなーってホントに思う

ちなみに彼は、わたしのフランス人のイメージとは裏腹に、待ち合わせ時間前にはちゃんと約束の場所に着いているし(どちらかというとっていうか、いつもわたしの方が遅い)、けっこう律儀だったりする

でもこの間、いつものように待ち合わせ場所で待っていたら15分たっても来ない  結局その日は連絡もなくすっぽかしをくらったので、腹を立ててメールを打った 怒りながらメールを送りながらも、半分 お~これでこそフランス人!などとちょっとうれしがって(?)いたら、その夜彼からメールが返ってきた   「ごめんね!ごめんね!忘れていました!ほんとに僕はボンクラです!」 

どこで誰が教えての ”ボンクラ” ?   ちっちゃい顔の美形のフランス人から来た思わぬ日本語は、面白くて 許すしかない  それにしても教えた人はどんなニュアンスで伝えたんだろうか? フランス語にもボンクラ系の言葉があるのかな  勉強しないといけない

まあすっぽかしを許したかわりに、わたしの中でもう彼のあだ名は決まってしまった☆

                    Photo

|

« ディープ高松 | トップページ | 女優の色 »

☆コラム」カテゴリの記事

コメント

ぼんくら・・ボンクラ・・ボンクra・・bon courage

彼も彼なりに頑張ってるんだね。だから彼にはbon courage!!

発音なんて、そのうち何とかなるさsmile

でもまずはtrente et uncatface

投稿: romaran | 2009.09.04 04時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/30832505

この記事へのトラックバック一覧です: 金髪のボンクラ:

« ディープ高松 | トップページ | 女優の色 »