« 次に頭にのせるもの | トップページ | わたしのデジカメの中は食べているか踊っているか »

2009.11.03

こんな日は決まって空が青くて高い

彼女との出会いは突然だった

どこかの周年パーティの打ち上げかなにかで その日 偶然隣に座った彼女が着ていた衣装が可愛いからとかで話しかけて、酔っ払った勢いでお互いの服をその場で着替えて交換したのが始まり    それから連絡先を交換して仲良くなって何回か飲みに行ってその子の彼氏が働いているレストランで遊んだりした わたしの仕事場が離れてからはあんまり会うことがなかったけれど、時々電話して近況報告して彼氏ができたとかそういう話をしていた

このあいだまた気まぐれに彼女と話したい気分になったから 電話をかけると 電話がつながらない お客様の都合によりっていうあの高飛車な感じのアナウンスが流れるだけ 一瞬心配になったけどまあいっかと思って そのあとも日がたって何回か電話をしたけど、相変わらず高飛車なマダムアナウンス  ちょっとなんだかそろそろ心配になったりしていたところだった

それでこの間のパーティでみんなでワーキャー言っていたら 遠くの方に彼女を見かけた  思わず走っていって声をかけた ら、 しばしの無反応  しまった!まさかの人違いか!?と一瞬思ったけれど、彼女の隣にいる女の子が前からわたしがあんまり好きじゃないいつもの連れの子であるのを確認して、人違いじゃないのを確信  そして彼女はやっと 「...全然雰囲気が違ってるからわかんなかった」って  だけどなんか違うし、 こいつ本当に忘れてたんじゃないのかなって感じだった  彼女はわたしに 「ちょっとあとで話に行くよ」ってこっそり言って  しかもわたしは彼女に話しかけた時勢い余ってその隣の(あんまり好きじゃない)女の子にシャンパンをかけてしまい(わざとじゃないです)、なんとなく気まづかったので  じゃあまたあとでねと その場を去った

それから結局彼女とは話す機会がなくパーティから帰った

帰ってからもなんとなく腹が立っていて、むっとしていた

それを思い出すまでは

前に久しぶりに彼女から電話がかかってきた時だった        「どう、元気?」 「いやー、ちょっと最近調子悪くってね 通院してたりしたよ」 「大丈夫?けっこう悪いの?」「うーん、なんか飲んでる病院の薬がはんぱなく多くって、最近記憶がとぶんだー、記憶がところどころなくなるの ヒヒヒ」 「え、マジ?大丈夫?」 「うん、でもちょっと不安で 忘れてることがショックだったりするの」 「そっかー わたしのこととか忘れたりしないでよー」 「いやー、忘れるかもね(笑)」 とか言って最後は笑い合ったことがあった 

それをほんとついさっき思い出した 思い出したらなんだかどうしても文章を書きたくなってしまって  自分でもよくわからないけど、彼女に対して腹がたってむっとしていた気持ちよりも何よりも  彼女の隣に、いつもの連れの女の子(わたしはあんまりすきじゃないけれど) が相変わらずいてくれたことに なんだか安心してしまった シャンパンかけてしまってごめんなさい  

わたしたちは何でも選べるように思えて、自分たちで選べないことがたくさんある  つながるもの、つながらないもの  残るもの、消えるもの  混じ合うもの、混じ合えないもの

とりあえず彼女が元気そうでよかった

S_dsc002341  S_dsc002301

 

|

« 次に頭にのせるもの | トップページ | わたしのデジカメの中は食べているか踊っているか »

☆コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/32054416

この記事へのトラックバック一覧です: こんな日は決まって空が青くて高い:

« 次に頭にのせるもの | トップページ | わたしのデジカメの中は食べているか踊っているか »