« 鴨とワインと竹中直人 | トップページ | メトロの中での日常茶飯事と 非日常卵 »

2010.01.22

ルブタンで重いのはショップの扉だけ

寒くて寒くて、デニムの下に厚手のタイツを履いて、それからブーツを履いて、さあ行きましょうって時に、パンパンすぎてブーツのファスナーが上がらない ので、夫に ファスナー上げてシルヴプレとお願いし、力ずくで上げてもらおうとしたら、
ファスナーがとんだ

え... 今から出るのにさ、今日のコーディネートはブーツじゃないとダメなのにさ、しかも日本からブーツはこれ一個しか持ってきてないのにさ、春までまだ長いのにさ、どうするのよー!!!って、自分のパンパン度を棚に上げ不機嫌になるわたし に夫は口走ってしまった 
「新しいの買ってあげるから」

というわけで、サッとコーディネートを変更し、ファーのレッグウォーマーを着用し満面の笑みでドアを閉めて外に出た  

まっすぐサントノレ通りに繰り出すわたし、と夫

だけど、ほとんどのセールは終わってしまって どこももう 気分は春夏 のショップ  コレットも春夏一色で、なんでかサンダル、しかもぺたんこの とかしか置いてない  時々セールをしてる靴屋とかを除いてもなんだかあんまり気に入るものがない   いや、サントノレの小さなセレクトショップでハイダーの超ーかわいいブーツを発見して、でもセールでも超高くて、サイズは38のみ、それでもいやー、これ中敷とかいれたら履けると思うんだよねー、とか言いながら脱ごうとしないわたしに、夫は「気に入ってぴったりしてるなら買ってもいいけどね、あきらかに大きいよね こんなに高いのに、中敷ひく とかだめ」という判決を下し、あっさり棄却されたのだ  
それでもあきらめず、ルブタンへ  わたしはこうゆう時、倍の速度で動けるようになる

だけどルブタンもセルジオロッシもレクレルールもやっぱり気分は春夏 趣旨をはき違えてパンプスとか試着しようとするわたしを もはや無視する夫

ディスプレイが超イケてて大好きなルブタンの店内
Louboutin3_2    
Louboutin2 
このソファ!!!
Louboutin4_2 
Louboutin5
http://www.christianlouboutin.com/#/intro 超かわいいサイト 

というわけで、なかなかみつからず  しかも仕方がないのでセール中の普通の安いブーツでいいかなと選ぼうとすると、今度は夫は「そんなデザイン普通すぎて、よくない 高くてももっといつも選ぶようなデザインの方がいいから ほか探したら」 と、洋服とかに無頓着な今までの彼の口からは出たことないことが飛び出た さんざんわたしのセレクトする変な、いやアヴァンギャルドなお洋服たちにかこまれ、彼も変なもの好きに少し成長したようだ しめしめ

というわけで、新しいブーツは見つからなかった  まあ、パリ金欠暮らしで、今そんな出費をするのはあんまりだし、しょーがない
今回、夫の変なもの好きへの成長過程を垣間見れただけでも、まあよし


通りの途中のランバンのディスプレイも新しくなっていて、カワイイLanvan1 
Lanvan2 
Lanvan3_2  
Lanvan4

ちなみに今週のコレットは、我らが高橋先輩!
Le18jan1 
Le18jan2

Christian Louboutin (St Honoré)
68 rue du faubourg St Honoré 75008
http://www.christianlouboutin.com/#/intro

LANVIN
22 rue du faubourg St Honoré 75008
http://www.lanvin.com/

coletto
213 rue saint-honoré 75001
http://www.colette.fr/

クリックお願いします↓↓↓
S_ranking_7    

人気ブログランキング に参加中です 

|

« 鴨とワインと竹中直人 | トップページ | メトロの中での日常茶飯事と 非日常卵 »

☆en France」カテゴリの記事

☆ファッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/33080463

この記事へのトラックバック一覧です: ルブタンで重いのはショップの扉だけ:

« 鴨とワインと竹中直人 | トップページ | メトロの中での日常茶飯事と 非日常卵 »