« パリ、古着達の二日間 | トップページ | 鴨とワインと竹中直人 »

2010.01.17

メイキング・オブ パリ、古着達の二日間

メトロにもあまり乗らずランチも忘れ歩き回っていたので、途中お腹も減って息切れ注意報が発令されたわたしはどこかで一息つこうと、カフェを探していた 

歩くといやでもカフェが目に入るパリの街は、やっぱりいい感じのカフェとそうでないカフェがあるわけで  昼間からビールを飲んでいるおっさんだらけのところとかもあるので(だいたいそういうところは見た目と看板でわかるんだけど) ひとりで入るとなるとなおさら、落ち着けていい雰囲気のところでないと逆に疲れてしまう

なので、いい感じのところを探し求めて、 しかもそのカフェを探してる途中でも、いい感じの洋服屋さんとかがあると入ったりしてるので、
もはや力が出ないアンパンマンくらいへろへろになりかけて歩いていると merci(メルシー)という名前のカフェを発見 ウィンドウ越しにのぞくと店の中に本棚がずらりと並んでいてソファもゆったりしていてなんかとても落ち着けそうな感じ  しかもメルシーの文字を見た瞬間、夫のパリで出来た友人が連発していた意味のわからない造語、「超メルシー」が頭をめぐり、 わたしのカフェ探しの鬼太郎並みのアンテナと「超メルシー」に導かれ、そこに入ることにした 

建物の中に入ると、そこは 洋服とかアクセサリーとか、インテリア雑貨とか、奥には子供服のスペースがあるけっこう広めのメルシーというセレクトショップで、ここは去年新しくできたばかりの話題の店だそう(といってもわたしはその時も全然知らなかったんだけど) 
Merci1 
Une_voiture_rouge

その中にカフェが併設されていて、フラフラのわたしはそのカフェに直行

このカフェは ぎっしり壁つたいに古本が並んでいて、その本を手にとって読みながらお茶をしたり、本だけを買って行くこともできるようになっている

天井までびっしりの本棚とシャンデリアがいい感じ
広さもそんなに広くないのでちょうどいい
Cafe1 
ソファも座りやすいので本も読みやすい
Cafesofa 

頼んだタルティーヌショコラも美味しくて、濃いカフェととてもよく合うDsc026191

わたしの席の本棚は料理関係の棚で、
Cafecuisine 

わたしの真横にホントにこんな本があった
“Le livre de l'amateur de vins ” (ワイン好きの本)
Cafele_vin 

トイレも天井まで続く壁紙がかわいい
Cafeles_toilettes 

本は状態も良くて、値段も2€から、5€、10€、20€と色つきのシールが貼ってあるのでわかりやすい
帰りに1冊フランス語の勉強用に2€の絵本を買ってみた
La_justice_2 


カフェの外のショップのディスプレイがかわいい
Display_2 Les_etoiles

ちょうどこの時TVの撮影をしていて、2階の雑貨売り場は閉鎖中だった
リポーターかなんかの男女が話ながら階段を降りるという、
これぞ番組リポート!っていう感じの撮影
でも周りの客は何にもないかのようにセール品の買い物を続けていた
Tv1_2  Tv2

パリのカフェは人が集まる地区だと人も多くてうるさいところが多かったりするけれど、偶然に入ったカフェが自分好みでいい感じだったりするとうれしい
とりあえず落ち着いたわたしは、また怒涛の古着屋めぐりを再開した

http://fivemonthsinparis.blogspot.com/2009/11/merci.html

外からみたカフェの “超メルシー” なウィンドウ
Dsc026451_4
merci
111 bv beaumarchais
http://www.merci-merci.com/

クリックお願いします↓↓↓
S_ranking_7    

人気ブログランキング に参加中です

 

|

« パリ、古着達の二日間 | トップページ | 鴨とワインと竹中直人 »

☆en France」カテゴリの記事

☆コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/33014142

この記事へのトラックバック一覧です: メイキング・オブ パリ、古着達の二日間:

« パリ、古着達の二日間 | トップページ | 鴨とワインと竹中直人 »