« バカバカ言うな! | トップページ | 美人のかわいいフランス語 »

2010.01.27

ワインとの昼ドラにも もうそろそろピリオドを

この間のブログ記事を読んで、すぐにTっちが丁寧にレクチャーしてくれた
この間飲んだ濁りのある美味しい泡の名前は、
カトリーヌ et ピエール・ブルトンの ラ ディレッタント・ヴーヴレイ・ペティアン・ナチュレ 
だそう
産地はロワール地方ヴーヴレイ(vouvray)地区で、Breton夫妻に作られた微発泡のワイン
この微発砲タイプのワインのことを、ペティアン (pétillant) と呼ぶみたい 
そうそう!ペティアン!!
これが思い出せなくてねー  あーすっきり
メルシーメルシー
一杯目にシャンパンはちょっと今重い感じだしなー、でもいきなり白って感じだと物足りないしなー って気分の時に、ぴったりくる
シャンパンよりもちょっと軽めで、白の代わりって感じでも飲めてそのあとすぐにそのまま赤にいくってのもできて っていうのがペティアン  マリアージュなおっさんはどういうか知らないけど
しかもこのペティアンは美味しかったー
あーこれでこのワインとも、一夜限りの関係ではなくなる
暗記力なし+泥酔により、「でも、もう二度とあなたのことを思い出すことはできない」 と、
今までいつもワインとの刹那的関係を築いてきたわたしも、
時々こうやって心ある友人の助けを借りて、もう一度逢瀬の記憶をよみがえらせることができるわけで
イェーイ

Pierre&Catherine Breton la Dillettante Vouvray
Dsc029021
La Dilettante の単語ならこの前古本カフェで覚えた覚えた 
愛好家って名前のペティアン↓
Dsc029001
クリックお願いします↓↓↓
S_ranking_7    

人気ブログランキング に参加中です

|

« バカバカ言うな! | トップページ | 美人のかわいいフランス語 »

☆en France」カテゴリの記事

☆ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/33148681

この記事へのトラックバック一覧です: ワインとの昼ドラにも もうそろそろピリオドを:

« バカバカ言うな! | トップページ | 美人のかわいいフランス語 »