« アリスマジワンダーランド | トップページ | ザ・パリ・胸きゅんツアーⅠ »

2010.04.11

パリで見る桜がきれいかとか文化とか今いるところとか

「MOCHICAのエクスポジションが今やってるから一緒に見に行かない?」と、ペルー人の友達のGから誘われ、「MOCHICAって何だ!」と聞くと、「わたしの国のペルーの昔々の文化だ」と、Gは超アバウトな答え方をし、まあヒマだしおもしろそうだったので行くことになった

Musée du Quai Braly

Sdsc03684
美術館の建物の現代建築が素敵だった
Dsc036871

そして展示場までの廊下が文字の河のインスタレーション
ここを渡って展示上へ

Sdsc03689
今回これが一番好きだった
Sdsc03690
そしていよいよMOCHICA展 「Sexe, mort et sacrifice」へ

MOCHICAというのは、紀元前後にペルーのあたりで栄えたアンデス文明の文化らしく、
こういう感じの陶器がメインで展示されていた
Dsc036911
そして3分の1くらい進んだあたりからは陶器であらわすものが
こういう風なものばっかりになり
Sdsc036921_2
ここには載せられないようなもっとすごいものもあり、結局最後までこんな感じだった

見終わったわたしは笑いながら「これがGの国の文化なんだねー」とGをひやかし、彼女も「ペルーっていっても昔だから」と苦笑いで言っていた

そして常設展も見ることに
このケ・ブランリー美術館はアジア、オセアニア、アフリカ、アメリカの原始文明を中心に展示していて、中でも装飾品とかはすごく素敵なもの多し!

やっぱ羽根モノ、ヘッドドレスモノに魅かれるSdsc037011
ネイティブ・アメリカンの羽根文化
Sdsc037101
これも羽根の帽子Sdsc037061
ハイチのビーズ刺繍Sdsc037151
Sdsc037161
Sdsc03718
これも帽子Sdsc03720
モロッコの民族衣装
これ...わたし売りましたよね、E姉に
Sdsc037211
このピアスのデザインは今でも素敵Sdsc037231

展示はアジアに入り、インド、タイ、パキスタン、ベトナム、インドネシア、中国と来て、友達も「そろそろだよね、ジャポン」なんて楽しみにしてくれててSdsc037261
おー、やっとジャポンか!と思ったら、これ
Sdsc037281
これのみ!この和柄の電光掲示板のようなものが6つくらい壁に展示されてて、終了!
これが和柄という以外になんの日本の文化なんだろうか?
2時間くらい見て、最後の最後だったためにかなり拍子ぬけと、原始文明が主だといえどもこの扱いの軽さに少しがっかり
Gにも「え、日本ってこれだけ?なんでなの?」 と言われ、
「さあ...」と今度はわたしが苦笑い

まあ日本のこれはおいといても、展示数もかなりのものでとても見ごたえがあった

パリに来て、移民あふれる街でいろんな人種とまじわって生活していると、いやでも自分の国とか文化とかを意識させられるので、最近は自分がアジア人であることとか、日本人であることとかを考えたりする 

わたしはこの電光掲示板以外にどれだけ日本の文化を知っているだろうか?なんて


そしてすぐ影響されるので、今のわたしの気分はエスニックで

Sdsc037401

そしてよーやく少しパリも暖かくなってきました
パリにも実は桜が多い
Sdsc03896
でもあの日本の桜の圧倒的な咲き乱れ具合はやっぱり日本の風景が一番だなーと思う
Dsc03895

今週のコレット
デニム祭りだSdsc03900
Sdsc03901

クリックお願いします↓↓↓
S_ranking_7    

人気ブログランキング に参加中です

パリ生活情報

|

« アリスマジワンダーランド | トップページ | ザ・パリ・胸きゅんツアーⅠ »

☆en France」カテゴリの記事

☆アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/34171230

この記事へのトラックバック一覧です: パリで見る桜がきれいかとか文化とか今いるところとか:

« アリスマジワンダーランド | トップページ | ザ・パリ・胸きゅんツアーⅠ »