« パリ、わたしの血行回復 | トップページ | アラサーもアラフォーもリトルバード »

2010.05.28

外人の感覚 外人って誰のこと?

パリにはいっぱい寿司がある 寿司屋

といっても、多分初めて見た人はぎょっとする感じの、例えば黒の壁にブラックライトの店内、看板はネオンのピンク みたいな 寿司屋
それとかSUSHI YAKITORI と書かれた看板を掲げる店 その多くはだいたい日本人ではなく、中国人が営んでいる  こういう寿司屋が中国人のお店だということを知らないフランス人も多いみたいだ
Sushiyakitori1_2
そしてそういう店の多くは配達をしている お兄さんと男二人で暮らしている金髪碧眼の21歳の友人がいるんだけれど、その友人Oにこのあいだ、「家で夜いつも何食べてるの?料理とかするの?」と聞くと、「Non、だいたい宅配のピザか宅配の寿司だね それが手軽だもんね 寿司オイシイ」 と言っていた
Sushidelivery1
「寿司をとる」ってどんだけ日本では贅沢なことか知ったらびっくりするだろうなー とか思いながら でも寿司がとこの国の食べ物で、ナニジンが握ってようが、べつにハタチくらいの人にしたらべつに関係ないんだろうなー とか思う

そしてついこのあいだ、わたしのフランス人の友人Sが今度の自分の新婚旅行にチュニジアに行くというので、「なんでまたチュニジアなの?」と聞くと、「わたしも彼も半分チュニジアの血が入ってるからだよー」と教えてくれた
ので、「へーそうなんだ わたしチュニジア料理1回食べたことあるよー、おいしいね」って言うと、「あ、ホントに? でもそれってモロッコ料理と間違えてたりしてない?」と言った
「看板にチュニジアって書いてたからチュニジア料理だと思うけど。。。」と答えたけれど
はっきり言って自信ナイ

そう思ったらたしかにチュニジア料理ってどんな料理?モロッコ料理とどう違うのか?
って感じだ  それでその時思った 「看板にチュニジア料理って書いてるから」っていう答えは 「看板にSUSHI YAKITORIって書いてたから和食食べたぜ」 と似たりよったり...
ホントーに国の文化って料理ひとつでも知らないこと多いなー っていうか知ってるつもり多いなー と思うできごとだった

                これはよく行くモロッコ料理
Dsc056421

ちなみに、Sに聞くと、チュニジア料理はモロッコ料理よりももっとトマトとか使われていてイタリアンよりなんだそう
もうわたしはハタチではないし、食い意地がはってるので、知らないままってのはくやしい
ので、今度きちっとチュニジア料理食べに行くつもり 

そして昨日初めて食べたファラフェルサンド 
というのはユダヤのサンドイッチのことで、ヒヨコ豆をつぶして揚げた丸いコロッケ、揚げナス、キュウリや酸キャベツなどの生野菜を、袋状になったピタパンに一緒に詰め込んでアイオリソースをかけたもの
ヨーグルトソースとファラフェルのピリ辛が超おいしい 個人的にはソースピカンをかけてもっと辛くして食べるのが好み♥

Dsc056741_2
夫はスペシャルなアニョー入りをチョイス
Dsc056702

この店があるマレのロジェ通りには数件のファラフェル店が何件もあってやユダヤ食材店が集まっている ユダヤ人街
いつも食い意地を張り合っているF先生に教えてもらった、緑の看板が目印のこの「Las du Fallafel 」 が一番美味しいと有名らしい いつも外には行列ができているみたい
Las_du_fallafel1
ただ具がいっぱいなので、食べにくい テイクアウトしたいところだったが、ぜったいゴロッとファラフェル1個は落としそうだったので中で食べた

Las du Fallafel
34, rue des Rosiers 75004 Paris
12:00~0:00 金曜は17:00まで 土曜は休み

そう思うとホントいろーんな料理があるなー
そしていろいろ自分たちのとった写真を見ていると、なんか今さらだけど、わたしたちってホント食い意地のはった夫婦だなーと思わざるをえない

  

クリックお願いします↓↓↓

S_ranking_7    

人気ブログランキング に参加中です

|

« パリ、わたしの血行回復 | トップページ | アラサーもアラフォーもリトルバード »

☆en France」カテゴリの記事

☆コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/34885759

この記事へのトラックバック一覧です: 外人の感覚 外人って誰のこと?:

« パリ、わたしの血行回復 | トップページ | アラサーもアラフォーもリトルバード »