« アラサーもアラフォーもリトルバード | トップページ | パリから4時間、木の上でワイン »

2010.06.02

目分量でゲラゲラ笑いながら

Aさんから教えてもらったレシピに少し手を加えて、母からの日本土産の抹茶をふんだんに使い、せっせこ 抹茶ティラミスを作った
Dsc056991  
できあがった巨大ティラミスに ぶすっと 29 をさすDsc057051
こうやって写真を通してみて、改めて思うが、わたしの作るお菓子にせよ料理にせよ、繊細さはまったく感じられず、いつもこういう どん! としたものになってしまう  わたしの好きな言葉は 目分量 だ
どう見たって夫の指の方がデッカイのに、なぜ夫の手からは繊細な料理がうまれ、わたしの手からは どす っとしたものしかできないのか
指のでっかさの問題じゃなさそうだ


夫はこの日29歳をむかえた

真正面から感じてもらう、29 Dsc057091


色彩を感じ、表現すること

繊細さも大胆さも必要で 楽しいことと大切な場所 それはギリギリのラインで

笑う 泣いて、そしてもう一回笑う 絶妙なタイミングで

そして年をとる 確実にわくわくするかたちで

自分の色を泣きながら置き去りにして、 そして新しい色を知る

合言葉は 想像させよ だ

Dsc056822

 

クリックお願いします↓↓↓

S_ranking_7    

人気ブログランキング に参加中です

|

« アラサーもアラフォーもリトルバード | トップページ | パリから4時間、木の上でワイン »

☆en France」カテゴリの記事

☆その時の、感覚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/35006975

この記事へのトラックバック一覧です: 目分量でゲラゲラ笑いながら:

« アラサーもアラフォーもリトルバード | トップページ | パリから4時間、木の上でワイン »