« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010.08.23

8月の終わりに感じることはいろいろなわけで

もう8月も後半...うかうかしていたら終わってしまう...

いやー っていうか、噂には聞いていたけど、8月のパリはほんとにツーリストであふれかえっている  どこもかしこも英語が飛びかっていて、パリジャンたちの影は薄い っていうかみんなバカンスでどこか田舎かなんかに出かけてしまっているのだけれど...

パリジャンたちはツーリストをバカにして嫌がる人が多いけれど、それを聞くたびにわたしは、「だってしょうがいないよね...」となだめている  だってわたしだって旅行者ではないにせよ、同じようなものだし だからべつにバカにはしない 

だけど、でも、唯一、唯一許せないことがある

それは、 ツーリスト、特にアメリカ人の(実際にはアメリカ人ではないかもしれないけど)メンズのあのコーディネート!!
Tシャツに短パン(必ず短パン!)、そしてアシックスだかニューバランスだかのスポーツメーカーのあのやたら縦にゴムがはいった白いソックスにスニーカー! きゃー!! 
もしくはビーサン! もしくはビリケンにあの恐ろしいスポーツソックスなんぞ履いている! きゃー!!

大げさでもなんでもなく、ホントにこのコーディネートのメンズがパリ中うようよいる 公園でもカフェでも、ビストロでも... あのダサさはなんなんだ!と言いたい
太ったメンズが短パンで、しかも乳首なんかが透けてたら、もう失神しそうになる

ここがロスやニースの海辺なら、その格好でいい  だけど、ここには海なんかない!あのよくわからない海辺に似せたパリプラージュがあるだけだ  夏だからこれでいいとでも思っているんだろうか?それともアメリカでは夏はあの格好でないといけない何かが???
きっとアメリカの家から出た瞬間からあの格好で、飛行機でもあの格好で帰る時もあの格好で、どこでもヘロー!って笑って言ってるんだ...きっと...(バカにしすぎ?)

この前見た5人家族は ファミリーの中の男三人(やたらでかい父、でかい息子、もうひとり息子)全部このスタイルだった! お母さんと娘はわりかしパリジェンヌのようにさらっとしたワンピースだったのに   注意してやれよと言いたい

8月に入ってあの恐ろしい短パンスタイルがやたら目につくようになって、メンズの短パン恐怖症になっていて、短パン=ダサイ と極論気味になっていたのだけれど...

昨日メトロに乗っていたら、途中で乗ってきたフランス人のメンズ二人組みがふたりともTシャツに短パンで、思わず怖いもの見たさで凝視してしまったが、 それが全然悪くなかった
っていうかどっちかというとそのスタイルがラフでけっこうお洒落に見えたのでじっくり観察してみた
その結果わかりました
まずTシャツがほどよくぴったりとして体にあっている、そしてそこからわかる体のラインがきれい、短パンの長さもひざ少し上ぐらいで、それよりも上すぎたり下すぎたらダメ、そしてビーサンなんか履かずに、もちろんビルケンでもなく、バッシュでもない、さらっとしたスニーカーに、スニーカーソックス! あの恐ろしいやたら白い長いソックスなんて絶対禁止!
全部が微妙なバランスをキープしつつ、ちょっと油断したらダサさまっしぐらの短パンをこざっぱりとコジャレに着こなしている

だけど...パリではノーマルなメンズはあんまりこんな格好はしない...
この二人組みももちろんゲイカップルだったことは言うまでもない 

こう考えてみると、よく世界中の年上のお姉さま方が言う、
「(油ののった)独身男性でお洒落な人はいない。 いたと思ったらみんなゲイなんだから...」 というため息の意見がよくわかる
そしてそういう目でフランス人のノーマルな、ちょっとかっこいいなと思うメンズを見ると、あの天然の猫っ毛のくしゃくしゃのブラウンヘアに、時々は黒ブチのめがね、それにヨレっとしたネルシャツに、ちょっと細身の(決してスリムではなく)チノパンなんか履いている美学生のようなフランス人の男の子たちを見るたびに、
そうだよなー、隙をねらってそういうコーディネートしかないよなー...と感嘆してしまう
みんなよく似合ってるし...

とにかく! あの恐ろしい短パントゥーリストの一群にはもう辟易している今日この頃
夏は終わるのは寂しいが、あれを見ずにすむとなると...
ホッとするんです

近所のお気に入りのカフェ  かなり落ち着く
Dsc06612_1
日曜だって空いているので、とても便利Dsc06613_1

そう言えば、パリプラージュ、引越し前にサンマルタン運河の前を通ったときにちらりと見たけど、こんな感じ
Dsc06372 こんな風に砂が敷き詰められて、パラソルが立てられているDsc06374
セーヌのほとりで、夜にビールかなんか持って行ってこっそりパリプラージュも楽しみたい、なんてずっと思っていたのに、パリプラージュが始まった瞬間、いこなり気温が下がって肌寒くなってしまったので行くのを先のばしにしているうちに...Dsc06371_1
おとといから、また急にあったかくなったので、これはチャンスと、昨日夫とふたりビールを持ってうれしがってセーヌまで行ったら、 ちょうど 前の日までで終わっていた
くやしい...

しかたがないのでパリプラージュでもなんでもなく、
セーヌで夜のピクニック
Dsc06631

というわけでこんなことをしているうちに日はどんどん早くなっていってる

8月チームのTっちと合同でお祝いしてもらった32歳と29歳の誕生日プチフェット
みんなアラサーまっただなかでもろうそく吹き消すワクワク感は変わらない
Dsc06606

クリックお願いします↓↓↓
S_ranking_7    
人気ブログランキング に参加中です

パリ生活情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.13

引越しグワシッ!!

フランス語のプライベートレッスンの先生が8月から11月まで日本に帰るので、よかったらその留守の間住んでくれないかしら? ということで、
Oui! 住みます!! もちろんですとも、マダム!!! と、バッタバタで引越ししました

場所が超~いいところで、Luxembourg公園の目の前、徒歩2分という最高のロケーションのアパルトマン

パンテオンは家の裏

Dsc06503_1
しかもキッチンもへお風呂もトイレも寝室も全部べつべつで、今までのわたしたちが住んでいた、すべてひとつにまとめましたアパート に比べると、雲泥の差!
エントランスからして、うれしいDsc06432_1 

そして片付け片付け片付けで、やっと普通の生活ができるようになり、さっそく嬉しがって、夫は同僚を呼び寄せみんなで引越しFêteを
わざわざヴィンテージのシャンパンを持ってきてくれたTっちに加え、
なぜか祝いにと、わざわざ日本食品店で枝豆を買ってきたS... 変な髪型になっていたので、っつーかまことちゃんにくりそつだったので、強制的にポーズを決めさせる

                   枝豆とまことDsc06495_2_2 

そして 最近はもっぱらアパートの周辺をマーキングする毎日

なんといってもいいカフェがたくさんあるし、美味しいビストロも徒歩圏内にたくさんあって、本屋だらけで、ワイン屋も選び放題

Dsc06562
ビオワインがたくさん並ぶこのワイン兄ちゃんは超サンパな人Dsc06563

もう当分、このカルチエから出られそうもない...


もう遅いかもしれないけれど...これからパリ来る人、泊められまっせ♥

そういえばこのあいだ、仕事場からの帰りに遭遇、 
改装中のバイク屋の壁画をペイント中
アパレル街でもなんでもないのに、ヒールはもちろんルブタン さすがパリ

Dsc06547_1_2

クリックお願いします↓↓↓
S_ranking_7    
人気ブログランキング に参加中です

パリ生活情報

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »