« 8月の終わりに感じることはいろいろなわけで | トップページ | ロックンロールワインの果て »

2010.09.02

パリジャンとは8月に田舎に帰る人のこと?

今日から9月!昨日までのフランスはバカンスは終わりで、またメトロがパリ住人でパンパンになる...
それを考えるとちょっとうんざりなので、アンコールバカンス話題

バカンスの時期はパリの住人はここぞとばかりにパリから脱出する といってもたいていは海外ではなく、自分の田舎とか別荘「メゾン・ド・カンパーニュ」とか、フランス内でバカンスを満喫する ひたすらのんびりして日焼けをする、というバカンススタイル

そしてわたしの友人Nも例にもれなく、実家に帰るといっていた 

夫の仕事柄8月のバカンスはわたしには関係ないぜーと思っていたら、そのNがよかったらわたしの実家に遊びに来ない? と誘ってくれたので、 わたしの大の得意、Oui !!
ということで、夫をひとりパリに置きざりにして、プチバカンス、フランスのオベルニュ地方にあるAurillac へ行ってきた

けっこう急にチケットを探したので、飛行機はすでに満席で取れず、TGVで行くことに
これがなんとTGVとバスを乗り継いで7時間!!
17時半にパリを出て、夜中の12時半にAurillac へ着いた

そして着いた翌朝、Aurillac はこんなところ めちゃめちゃ天気がいい

Dsc06666
Nの家はテラスも庭もあって、快晴がほんとにとてもよく似合うDsc06664パリから着てきた革のジャケットなんて、もちろんいらない

お昼ご飯は家族みんなでテラスで食べる お父さんの手作りのパテとリエットと、豚のソテー とバゲッド かなりシンプルなランチ でも美味い

そのあとは近くに小さな山をアスレチックみたいにしていることろがあってそこにNとNのママと3人で散歩に行ったり、街を案内してもらったり のんびり過ごす

そしてバカンス中で親戚が集まってるので、みんなで夕食を食べにいくことに わたしを合わせて14人! みんな好き勝手に話ながら、叔父さんあたりが酔っ払い、わいわいしてるあたりはわたしたちの日本の家族とまったく変わらない ただこの叔父さんが過去に奥さん5人いて、今はヨットを乗り回して恋人のミミと海外クルージングに飛び回ってる、日焼けしたダンディなおっさんっていうのが日本の家族とは違うところなわけで...
もちろんみんなフランス語なので、話題についていくのに必死...!
Dsc06729
唯一コミュニケーションに問題なく対等に取り組めるのはこの超かわいい3歳のルルだけ...
Dsc06659_1

そして次の日には朝からお父さんとその叔父さんも混ぜて、みんなで地元のチーズ工場にチーズを買いに行った
ここのcantal というチーズがめちゃめちゃ美味しい
Dsc06743

その昼は、その買ってきたチーズを使って、Truffard (トリュファード)という、じゃがいもとチーズを使った地元の家庭料理を教えてもらう
びっくりしたのが、お父さんもおじさんもみんなふつうに台所に立ち、役割分担がパシっと決まっていて、普通にお母さんの料理を手伝っていたことだ
Dsc06764
ダンディな叔父さんはチーズ係り
Dsc067711 
じゃがいもを薄く切って、ルクルーゼの鍋に豚のラードを入れてじゃがいもにじっくり火を通して、そのあいだにトムという朝買ったチーズを入れるだけのかんたんな料理
Dsc06772
それが出来上がるまでにみんなでお父さんの手作りパテやらソーセージやらのアントレを食べながら待つ
そしてお父さんが席をたったかと思うと、鍋を持ってきて、最後の仕上げ↓
Dsc067791このチーズを引き伸ばす作業が男の仕事らしい
そしてこれを囲みながらみんなでワイワイ食べる

そうそう、かっちょよかったのが、みんな男の人はラギオールのマイナイフを持っていて、それでパンやらソーセージやらチーズやらを器用に綺麗に食べていたこと
Dsc06781_2 

次の日にはNのおばあちゃんの家に遊びに行って、庭に育っている人参やらトマトやらキャベツやら(とにかくなんでも揃っている)タイムやらを分けてもらう
タイムを摘み取るN
Dsc068471

Nの家の地下にはお母さんの手作りジャムと野菜の酢漬けがいっぱい
お土産にもらう!
Dsc06859
お父さんのワインストックコーナーもある
Dsc06861

Dsc068631 

こんな感じでめーいっぱいフランスの田舎の生活を楽しませてもらった
天候もずっと快晴で暑く、ここぞとばかりに日焼けを楽しめたし!

日頃パリにいると、フランス人の普通の家族の暮らしを見れることがないし、今年はお盆に実家に帰ることもできなかったので、自分の家族と一緒に過ごしているようでとてもいい時間だった

パリに帰ってくると、やっぱり少し肌寒く、雨も多い
パリのこの憂鬱な天気とか、騒音とか、わたしはあまり気にならないほうだけど、あんな風に田舎の家族の暮らしを体験してみると、その生活のコントラストを知ることができて、それでまたエッフェル塔がより綺麗に光っているように思えたりして、そういうのがいいのだ
そうすると、メトロの中の押しが強いパリジャンにも舌打ちなんかせずいられ...そうな気がする、パリ9月の始まり

Dsc06829

クリックお願いします↓↓↓
S_ranking_7    
人気ブログランキング に参加中です

|

« 8月の終わりに感じることはいろいろなわけで | トップページ | ロックンロールワインの果て »

☆en France」カテゴリの記事

☆コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/36456191

この記事へのトラックバック一覧です: パリジャンとは8月に田舎に帰る人のこと?:

« 8月の終わりに感じることはいろいろなわけで | トップページ | ロックンロールワインの果て »