« 出産後のお腹はちじむ | トップページ | パジャマにヒール履いて毛皮来てパン屋へ走る! »

2010.10.05

パリの秋でジロールの次にすすめたいもの

Related Posts with Thumbnails

おとといの土曜日の夜から次の日の朝にかけて、 NUIT BLANCHE というイベントがパリで行われた
パリ全体を大きな展示場と見たてて、美術館が無料で夜通しオープンしたり、アーティストがそれぞれ作品を一晩中 街中で無料公開するイベント  Nuit blanche っていうのも 夜更かしする とか 徹夜する とかの意味
Affiche20nuit20blanche20paris202010

じゃあちょっと見にいってみよか~ と夫と外へでて、家の近くのノートルダムに行くことに

夜中12時を回っているのにすごい人
この日はバトームーシュもオールナイトで運行してるらしい
Dsc07112_1

ノートルダム教会もライトアップされて、広場は人でいっぱいDsc07113_1
教会の中はこの日は 夜通し開放されているようなので 入ってみることに
なんか、こうやって入り口の前で夜に人ごみの中で並んでみると、正月の除夜の鐘の行列に並んでいるような感じ
Dsc07115_1
そして中に入ると、ピアノの旋律が響き、とても幻想的な雰囲気だったDsc07121_1
ボーっと座ってる人もいたり、必死でお祈りしてる人もいたり、みんなそれぞれ楽しんでいる
ふつうはノートルダム教会は夕方の18時半頃までしか入れないので、なかなか夜のノートルダムに入れるのはわくわく体験だった

ノートルダム以外にもこの日はいたるところでこんな感じのイベントが行われている
やっぱりこんなふうに街全体をアートにしてしまうところが、パリらしくて、そして大好きなところ
芸術を無視した街は、ただのネオンだらけか、田んぼだらけのつまらない街になってしまう

まあでもこの日外に繰り出していた人たちの大半は、アートうんぬんよりただ徹夜の街のお祭り騒ぎを楽しんでいるって感じの人たちが多かった

51877017_2

そしてアートといえば、友達のカメラマンの展覧会のヴェルニサーチ(オープニングパーティ)があるから一緒に行こうと友達のKに誘われて、このあいだ行ってきた
アーティストの女の子はわたしと同じ年くらいのとても可愛らしくて気さくで感じのいい韓国人の女の子だった
Dsc07134_1
独特の世界感で表現されたセルフポートレイトは 見る人の奥底の記憶の不思議な感覚を喚起するような感じ
久しぶりに同年代の人の作品やエキシポジションを見て刺激され、シャンパンとマカロンをほおばりながら、少し複雑な気持ちになった夜だった
Dsc07108_1
Dsc07110_1

久しぶりの今週のコレット
今はパリコレ期間中  は、エルメス師匠祭り!

Dsc07102_1
Dsc07104_1
Dsc07105_1
ちなみに KAWS サイドはスヌーピー祭り!Dsc07101_1

クリックお願いします↓↓↓
S_ranking_7    
人気ブログランキング に参加中です

パリ生活情報

 

|

« 出産後のお腹はちじむ | トップページ | パジャマにヒール履いて毛皮来てパン屋へ走る! »

☆en France」カテゴリの記事

☆アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156965/37080020

この記事へのトラックバック一覧です: パリの秋でジロールの次にすすめたいもの:

« 出産後のお腹はちじむ | トップページ | パジャマにヒール履いて毛皮来てパン屋へ走る! »